弁論文の中学生向け書き方講座!書きやすいテーマおすすめ5選!

なのでこのテーマで弁論文を書くことによって自分のスポーツに対する考え方が変わるかもしれませんね。

弁論文の例文!

新聞と猫

今まで紹介した書き方で弁論文の例文を記しておきます。

参考にしてみてください。

〜スマホを持つということ〜

スマホの普及によってとても便利な世の中になりました。それまでパソコンでしかできなかった様々な機能が手軽に持ち運べるサイズになり、いつでも・どこでも・誰とでも繋がれるようになった反面、いろいろな問題が出てきています。「歩きスマホ」もその問題の一つです。(起:問題提起)

先日、街を歩いていると歩きながらスマホを操作している人がいて前から歩いてきた人とぶつかっていました。スマホの画面ばかり見ていて前方に注意がいっていなかったのだと思います。それも一人ではなく、多くの人がスマホを操作しながら歩いていました。(承:具体例)

なぜ、人は「歩きスマホ」をしてしまうのでしょうか。おそらくゲームをしていたり、調べものをしていたり、仕事などで緊急に使わないといけなかったりと様々な理由があると思います。ですがそれらに気をとられていると人にぶつかったり、重大な事故にあう可能性もあります。そのようないろいろな可能性を考えれば「歩きスマホ」は危なくてできないと思うはずです。一人ひとりがそういったことを考えて意識を変えれば「歩きスマホ」をするひともいなくなると思います。(転:解決策)

最近ではニュースでも取り上げられている「歩きスマホ」。なかには命を落としてしまったケースもあるので手遅れになる前に全員が”歩きスマホは危険だ”という意識をもって生活していかなければならないと思います。私も「歩きスマホ」をすることによって起こることの可能性を考えながら生活していきたいと思います。(結:まとめ)

みんなが悩む「書き出し」と「結び方」をスラスラ書くコツとは?

話す男性

弁論文を書くにあたってまず悩むのが書き出しだとおもいます。

例文にもあげましたが、書き出しはテーマに対しての問題提起をしなくてはなりません。

なので、テーマに対して’’なぜ〜なのか。’’など、相手に問いかけるような書き方をするのが良いです。

そして最後の結び方は書いてきた文章に対して’’なので私は〜だと思います。’’など、最終的な自分の結論を書くのが良いとおもいます。

弁論大会でうまく弁論するコツは?

演説する人

弁論文が宿題で出るとそのあとに弁論大会がある学校もあるとおもいます。

でも人前に出てスピーチをするのって大体の人がとても緊張しますよね。

スピーチでは内容もそうですが自信を持って話すことが一番大切です。

話している途中で噛んでしまったりするかもしれませんが堂々としていれば聞いている側はさほど気にしないとおもいます。

あと弁論文は自分の意見を相手に訴えかけるためのものなので難しいかもしれませんができれば原稿をあまり見ないで話すとさらに良くなるとおもいます。

弁論文を書くのが苦手!パクってもいい?

バツの札を持つ男性

正直弁論文を書くのは大変な作業です。

検索をすれば例文やまとめのサイトがあるのでそれをパクってしまえば楽なんじゃないか・・・という気持ちもわかります。

ですが、パクリかどうかすぐに検索できる機能があるのをご存知でしょうか。

先生方もこういった機能を使って調べることも可能なのですぐにバレてしまうでしょう。

パクるぐらいなら多少文がまとまりがなくても自分で最後まで書いたほうがいいです。

自分なりに考えて書いたという経験が将来的に必ず活きてくるとおもいます。

まとめ

最後に今回お話した内容のポイントをまとめてみましょう。

 

  1. テーマによっては自分の将来に役立つ知識が増える
  2. 弁論文はスピーチなどで相手に訴えかける文なのでそれを意識して書く
  3. ネットなどに出ている文章をパクるのは厳禁

弁論文は実際に書くとなるとすごく難しいとおもいます。

テーマ決めや構成の仕方などわからないこともたくさんあると思いますが今回お話したことを読めば少しは参考になるのではないでしょうか。

弁論大会を控えている人はさらに大変かもしれませんが、人前に出て自分の意見を聞いてもらえる機会は少ないと思うのですごく良い経験になるはずです。

真剣に取り組めばきっと将来に役に立つとおもうのでこの記事を参考にして頑張ってください!!

【こちらも読まれています】

意見文のテーマ中学生向けおすすめ5選!中学生らしい書き方とまとめ方は?
夏休みの宿題で’’意見文’’というものがでますよね。小学生のときは感想文だったけど意見文ってなに?どんなこと書けばいいの?っておもう人は多いとおもいます。そこで今回は中学生が意見文を書くときのオススメのテーマや意見文の構成などをご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました