ヒラタクワガタ採集は河川敷がベスト?おすすめスポット5選!仕掛け場所は?

 

アクセス: 土電バス 安芸行「野市西町」下車 徒歩5分

ヒラタクワガタ採集おすすめ河川敷スポット5選!その5:川内川河川敷

川内川河川敷

ヒラタクワガタ採集おすすめ河川敷スポット、その5は川内川河川敷です。

こちらは鹿児島県に流れる河川敷です。

 

参考動画:クワガタ採集 鹿児島県 川内川河川敷

クワガタ採集 鹿児島県 川内川河川敷

 

こちらの画像をあげている方は他の河川敷にもいろいろ行かれているようで、他の河川敷の情報も参考になるかもしれません。

川内川河川敷

 

アクセス: JR川内駅・肥薩おれんじ鉄道仙台駅から徒歩約15分

ヒラタクワガタを河川敷で捕獲するなら?トラップの作り方・仕掛け方

バナナ

ヒラタクワガタを河川敷で捕獲するのに、まずは樹液があるところを確認するのが良いですが、その他の方法としてバナナトラップを仕掛ける方法がおすすめです。

バナナトラップは、バナナと黒砂糖、焼酎、カルピスなどを混ぜ、ジップロックに入れて半日以上放置し発酵させたものを使います。

それを直接塗ります。

ストッキングに入れてそのまま木に巻き付ける方法もありますが、回収が面倒なことを考えると、直接塗るほうが楽です。

直接塗る場合、発酵したバナナトラップは、においが臭く手がベタベタになるため、100円ショップで売っているビニール製の使い捨て手袋があると便利でしょう。

 

参考動画:クワガタ採取!ミヤマクワガタも捕まえれるバナナトラップの作り方

クワガタ採取!ミヤマクワガタも捕まえれるバナナトラップの作り方

バナナトラップの作り方(制作時間:約10分)

材料

  • バナナ
  • 砂糖
  • 焼酎(余り物)
  • ジップロック

手順

  1. バナナをぶつ切りにする。(皮も使う)
  2. 焼酎、砂糖、(ドライイーストあれば)をバナナに混ぜる。
  3. シップロックに入れて密封し、ベランダなど日当たりの良い場所で放置する。

材料費

約150円

作り方のコツ

ドライイーストがあれば、混ぜると尚良いです。

パンパンに発酵しバナナもドロドロになると良い状態です。

ヒラタクワガタの採集時期や時間は?

木の根

バナナトラップを仕掛けるタイミングについては、夕方明るいうちがオススメです。

暗くなるとどこに仕掛けたのかわからなくなります。

明るいうちに仕掛けましょう。

仕掛ける時期について、クワガタはカブトムシより早い時期に活動を開始します。

ヒラタクワガタ、オオクワガタ、コクワガタは6月初旬頃、ノコギリクワガタは6月中旬頃から見つかる確率が高まります。

カブトムシは7月中旬から多くなり、その頃には採集者も増えだすため、それまでの時期で先手を打ったほうが見つけやすいです。

クワガタは、日中でも活動していることがあります。

樹液にいればよいですが、樹液にいない場合や見つからない場合は木の根元付近を探しましょう。

土を盛らなくても、大きな根の影や落ち葉の下で見つかることがあります。

河川敷において、ヒラタクワガタは細い柳などの木がまとまって生えているところにいるようです。

樹液が出るところにヒラタクワガタがいます。

クヌギなどの木をチェックしてください。

木の割れ目や穴の中に隠れていることが多いようです。

仕掛けるトラップでストッキングなどを使用した場合、忘れず必ず回収してくださいね。

仕掛けたトラップをそのまま放置することは止めましょう。

ヒラタクワガタの飼育方法は?

田んぼ

ヒラタクワガタは里山の厳しい自然の中に生息している昆虫のため、真夏の30度を超える高温さえ注意すれば大丈夫です。

0~30度の範囲内で飼育するのがベストです。

ヒラタクワガタは沢山食べるので、常にエサを入れておいて、食べ残しを3~4日に1回交換するといった管理がオススメです。

エサは基本昆虫ゼリーで大丈夫です。

バナナなリンゴなどでも大丈夫ですが、マットを汚し易く、コバエ発生の原因になるので注意が必要です。

まとめ

子供

 

ヒラタクワガタ採集おすすめ河川敷スポット5選

  • 荒川河川敷
  • 木津川河川敷
  • 大淀川河川敷
  • 物部川河川敷
  • 川内川河川敷

ヒラタクワガタを河川敷で捕獲するには

  • ヒラタクワガタが好みそうな樹液が出ている場所を確認する
  • その他の方法としてバナナトラップがオススメ
  • トラップは明るいうちに仕掛ける
  • ヒラタクワガタの採集時期は6月中旬から
  • 飼育方法については、高温注意!0~30度くらいで
  • エサは昆虫ゼリーが便利

まとめ

  • ヒラタクワガタは6月中旬頃から活発になるため、カブトムシなどより少し早めです。
  • 木の根元や落ち葉の下、暗くなってきたら光に集まる場所を確認しましょう。
  • 装備をちゃんとし、虫よけなどをし、注意しましょう。

身近な道具で効果があるトラップを楽しく作って、クワガタも捕まえられたら、楽しさも2倍ですね。

採集にはマナーが大事です。

自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょうね。

お子さんとクワガタ採集楽しんでくださいね。

河川敷で案外簡単に採集できるヒラタクワガタ採集。

ぜひ試してみてくださいね!

【こちらも読まれています】

クワガタがいる木は栗の木・桜の木・柳の木だけ?樹液を出す木なら採れる?
クワガタがいる木は栗の木・桜の木・柳の木だけ?樹液を出す木なら採れる?を調べました。 夏の虫の代表であるクワガタ。大きな顎で他の虫をガッチリ挟み込み放り投げる姿に、カブトムシ以上に魅了される方は多いのではないでしょうか。 夏休みに家族でクワガタを探しに行こう!というご家族のために、クワガタが好む木と、採集方法についてご紹介いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました