受験生なのに夏休みを無駄にした!後悔しない高3の夏にするには?

それから文法参考書を1冊終わらせます。

たくさんの参考書を同時進行する人もいますが、1冊の参考書を終わらせない人に、複数の参考書を終わらせることはできません。

単語・文法ができれば、長文読解の問題集を1冊ずつこなしていきましょう。

ただし、このとき完璧主義になってはいけません。

すべてを完璧にこなすことを優先するあまり、1度まちがえると同じ個所でとどまってしまう受験生もたくさんいます。

間違えながら、苦手分野を把握し、それをつぶしていくことができるのです。

完璧主義にならないよう、まずは決めた1冊をすべて終わらせることを念頭におきましょう。

国公立

国公立を目指すなら、国・英・数の総復習をすべておえておくことが最も大切です。

秋から国・英・数の主要科目を始めても、センター試験には間に合いません。

反対に、理・社は秋から始めてもセンター試験8割を超えることは可能です。

ですので、かならず夏休みの間に主要3科目の高1、2年生の全復習と、センター試験過去問はひととおりしておきましょう。

大学受験は独学で突破するのはムリ?

勉強する男性

結論からいうと、大学受験を独学で突破するのは可能です。

ただし、かなりの自己管理能力自己分析力が必要とされます。

大学受験の1年間を、たった1人で勉強していくのは並大抵の覚悟ではできません。

ですので、独学を選びたい人へおすすめとしては、

  • 普段は自分でしっかり計画を立てて勉強を進める。
  • 夏休み・冬休みといった長期休暇は、塾の講習もうまく利用して情報収集やモチベーションを維持する。

があげられます。

独学のメリット・デメリットとしては

メリット

  • 自分の好きな時に好きなところで勉強できる
  • 費用がかからない
  • 通塾する手間ひまがかからない

デメリット

  • 入試までの学習計画をすべて自分で管理実行しなければならない
  • 入試対策に必要な教材をすべて自分で選んで用意しなくてはならない
  • つねにモチベーションを保ち続けるのが困難

もちろん、夏から独学で受験勉強をスタートすることは可能です。

上記のメリット・デメリットを考慮したうえで、自分の勉強スタイルに合う方法を選ぶことが合格への道となります。

高校最後の夏休みなのに遊びはダメ?彼氏・彼女には会えない?

勉強中にスマホをいじる男性

「大切に想える誰かとお付き合いする」このこと自体はステキなことです。

でも、受験というこの時期にはどうでしょうか。

実は、受験期の恋愛にもメリット・デメリットがあるのです。

メリット

  • 一緒に勉強できる
  • お互いに競うことで勉強に対するモチベーションを保てる

デメリット

  • イベントなどで勉強時間が全体的に減る
  • 人間関係の悩み事が増える
  • お互いに依存してしまう

結論を言ってしまうと、恋人がいないほうが受験には合格しやすくなります。

なぜなら、最初から恋人がいない人には、上記のデメリット自体存在しないからです。

圧倒的に恋人のいる受験生よりも、勉強時間を確保することができます。

とはいえ、現在恋人がいる受験生にむりやり別れさせることをすすめているわけではありません。

付き合うなら、お互いにルールを決めることが1番大切なのです。

恋人どうしのルールの例

  • メールの返信が遅くなっても気にしない(日中はお互い携帯をみないようにする)
  • 電話は1日に30分だけ!
  • デートは模試の終わった日だけ(特別なごほうびとしてデートを設定する)etc.

お互いきちんと話し合って決めましょう。

話し合ってルールが決められないような相手とは、ほんとうに価値観があうのか、今後つきあえる相手なのか、考えなおすいい機会にもなります。

塾講師としてたくさんの受験生をみてきましたが、受験期につきあっていたカップルの8割は、大学入学後に別れています。

キツイことをいうようですが、今は勉強に専念して、志望した大学での楽しい生活に夢をみるほうが得策だといえます。

ここが踏ん張りどころです!あと少しの期間、勉強に集中できる最善の道をえらびましょう。

まだ間に合う!夏休みを無駄にしてしまった人の挽回方法!

焦ってべんきょうする女の子

あれ?気がついたら夏休みがあと1週間しかない・・・、もう9月に入ってしまった・・・という人。そういう人は、1日1日をなんとなーく適当に流してしまうクセがついてしまっています。

いつのまにか、計画がちゃんと実行できないことが当たり前になってしまっていませんか?

まずは

「1日の計画を予定通りに実行すること」

習慣化することが大切です。

これがすべての基本です。

焦るときほど基本に忠実になりましょう。

このとき、あと10日で夏休みを取り返す!という意思をもって、まずは国、英、数の過去問を解いてみましょう。

そして、

  1. 苦手な分野をピックアップ
  2. それに特化した問題集を解く
  3. さらに自分の志望校の出題傾向の高い分野を優先的に勉強する
  4. 毎日、その日の反省を書き出して、次の日に備える

この流れで最初の10日間で主要科目、つぎの10日間で理・社を済ませてください。

ライバルに差をつけられた分、グズグズしている余裕はありません。

1分1秒でも多く勉強しましょう。

夏休みを有意義に過ごした人は、もしかすると少し気が緩んでいる時期かもしれません。

無駄にしてしまったと焦る人にもこの時期だけチャンスがあります。

10日間で取り返してください。

10日で夏を取り戻す!この意思をもってがんばれば、起死回生のチャンスはかならずあります!

まずは毎日の計画をやりとげる習慣を身につけて、あきらめずに挽回していきましょう。

夏を無駄にしてしまった受験生が逆転合格する勉強法

夏を無駄にしてしまった受験生が逆転合格する勉強法

計画の立て方!1日のスケジュールを平日と土日に分けて解説!

計画の立て方!1日のスケジュールを平日と土日に分けて解説!

元家庭教師、塾講師である私から見た合格している人の特徴とは?

学校の先生と生徒

合格する生徒に共通の特徴とは、計画をやりとげる習慣が身についている、の1点につきます。

大学受験において、夏休み中の勉強時間は10~12時間が基本になりますが、大切なのは時間ではなく密度です。

10時間以上時間をかけても、計画をやりとげていなければ、それは10時間勉強したとはいえません。

10時間机に向かっていただけです。

1日ごとに、なぜ計画がやりとげられなかったか、やりとげたとしても反省するところはなかったか、ときちんと計画を立て直しできる人が、合格への切符を手にしてきました。

塾にいったほうがいいかな、家庭教師のほうがいいかな、と迷う人もいるかもしれません。

そういう人は、いちど自分のタイプを客観的に見なおしてみましょう。

  • 学校の授業についていけるけど、自宅ではつい誘惑に負けてしまうタイプ
    集団塾
  • 学校の授業にあんまりついていけてないけど、どこがわからないかは把握しているタイプ
    個別塾
  • 学校の授業についていけてないし、どこをどう勉強すればいいかもわからないタイプ
    家庭教師

集団塾とは、基本的に学校の授業形式で講義がすすみます。

個別塾とは、マンツーマンですすめる塾です。

ちなみに個別塾と家庭教師にかかる費用はほとんどかわりませんが、個別塾は自習室が利用できるというメリットがあります。

塾と家庭教師のどちらがいいか迷ったとき、いちばん大切なのは自分のタイプに合ったほうを選ぶことです。

もし合わないほうを選んでしまったら、塾に入ったのに成績が上がらない・・・なんて事態もおこりかねません。

もういちど自分のタイプをみなおして、親御さんやまわりの客観的な意見もききながら、自分に合った学習スタイルを見つけていきましょう。

まとめ

マークシート

1.夏休みを無駄にしたと焦る人の特徴3点

  • まだまだ時間があるという見通しの甘さ
  • 1浪くらいしてもいいか~という考え(志望校が高い場合におおい)
  • 計画がうまくたてられない

2.大学受験を控える高校3年生にとって

夏休みは秋以降の入試過去問にスムーズに取り組む準備をする重要な期間。志望校を変更しないためにも、計画をたててしっかり夏を過ごすことがとても大切。

3.おすすめの夏休みスケジュールは

とにかく高校1、2年生の復習に全力をそそぐこと。それにプラスして、センター過去問や志望校過去問にもトライし、苦手分野をつぶして出題傾向を把握する。

国・英・数:理・社=6:4の割合で時間をさくことが大切。

志望校に合格した先輩は、1日10~12時間の勉強時間を確保している。

4.教科別アドバイスと大学別アドバイス

国語

  • 現代文 → 長文を要約する練習
  • 古文・漢文 → 基本文法や必須単語を完璧にする

英語

まずは語彙力を増やす。

つぎに文法を完璧におさえつつ長文読解を1日1題のペースですすめる。

ラジオなどでリスニングにも慣れておく。

数学

教科書の例題はすべてスラスラ解けるようにしておく。

模試の結果から苦手分野を見つけてつぶしておく。

過去問にもトライして出題傾向をつかむ。

理科

  • 物理 → 頻出の力学をきちんと理解しておく。
  • 有機・無機化学 → 理論分野の理解につとめる。演習問題をたくさんこなす。

社会

  • 世界史・日本史 → 細かい知識より、まず大まかな時代の流れをつかむ。
  • 倫理 → 用語の内容をきちんと理解しておく。
  • 政経 → 政治制度や法律などの基本知識を理解しておく。
  • 地理 → 自分で白地図をつくり、地形や気候を書き込んで繰り返しみる。統計や資料問題はセンター過去問から解き方を把握する。

GMARCH・早慶

とにかく英語に重点をおいて勉強。

単語帳、文法参考書を各1冊は終わらせること。

国公立

国・英・数の総復習を最優先。高校1、2年生の全復習と、センター過去問には取り組んでおくこと。

5.大学受験を独学で突破するのは

可能だが、かなりの自己管理能力を必要とする。

長期休暇のみ、塾の講習をうまく利用するのがおすすめ。

6.受験期に付き合っていた人の約8割は

大学入学後に別れる。

志望校に合格したあとの大学生活に夢をみて、この時期は勉強を最優先するのがベスト。

もし彼氏彼女を持ちたいのであれば、お互いルールを決めてつきあっていくことが大切。

7.夏休みを無駄にしたと感じたら

国英数の総復習を10日間で終える計画をたてよう。

計画をやりとげる習慣を身につけるため、1日の終わりにかならず計画の見直しをすることが大切。理、社は次の10日間で同じようにすすめる。

挽回のチャンスはある!

8.合格する生徒の特徴は

計画をやりとげる習慣ができている点につきる。

この習慣を身につけるためにこそ、夏休みを利用しよう。

 

これから夏休みを迎える人も、もう終わってしまった人も、もういちど自分に計画をやりとげる習慣が身についているかどうかをチェックしましょう。

 

勉強は、やった分だけちゃんと答えてくれます。

考えるより、1分1秒でも早く開始しましょう。

みなさんの志望校合格を心から応援しています。

最後まであきらめずに走り抜けましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました