子供会の夏祭りの挨拶例文!夏祭りの準備や安全に進行させるには?

外でいっぱい遊んで欲しいという父母の方々の思いから外で行うことが多くなったのではないでしょうか。

しかし、外で開催することの難点もあります。

それは、夏祭り当日が雨天になってしまった場合です。

そこまで強い雨ではなければ、雨天決行という選択をすることも可能ではありますが、やはり、濡れたくないという方々も多いかと思います。

「中止や延期はどうしても避けたいし、どうしたらいいのかわからない…」

こんな不安や心配事を招かないためにも、地方自治会に協力してもらい、夏祭り当日は地方自治会の建物を丸ごと貸してもらよう前もってアポイントを取っておきましょう。

急なトラブルに混乱しないためにも、前もって対処法を考える事は重要です。

子供会の夏祭りの告知方法は?ポスターやチラシの作り方は?

パソコン作業

主な告知方法には、ポスターやチラシの配布があります。

その他諸々の準備に比べると、かなり楽な作業のように思えますが、実際にポスターやチラシを作ってみると、どんな情報を入れたらいいのか、どこに貼ったらいいのか、意外にもわからないことばかりなんです。

なので、ここではポスターやチラシの作り方や盛り込む情報、貼る場所まで全てお伝えします。

まずポスターやチラシを作成するのに最も簡単な方法は無料のテンプレートを使うことです。

テンプレートは人の目を引くようにデザインされているので、自分で最初から作るよりもスピーディー且つ効果的です。

無料のデザインテンプレートサイトのURLこちらに貼っておきますので、参考までに。

 

お気に入りのテンプレートを探したら、あとは簡単です。

盛り込む情報

  • イベント名
  • 開催日時
  • 開催場所
  • イベント内容
  • 主催団体名
  • 注意事項
  • 駐車場の場所

上記情報を盛り込み、予定部数分を印刷をすれば、完成です。

  • 広場や建物の前
  • 人が大勢集まる場所
  • 横断歩道の近くなどの人が足を止める場所

など、大人や子供の目線の高さなどを踏まえて、貼る場所を決めると集客パワーは倍増です。

子供会の夏祭りを成功させるためには、告知は絶対に欠かせません。

地域の皆様にイベントの内容をしっかりお伝えして、夏祭りを最大限に楽しんでもらいましょう。

子供会の夏祭りを安全に進行するためのポイントは?

夏祭りなどのイベント事はついつい楽しむことばかりに意識が取られてしまい、安全面に目を向けることを忘れてしまいます。

なので、しっかりここでポイントを抑えましょう。

安全に進行させるためのポイント

  • 水分補給をこまめに。
  • 塩分チャージで塩分を補給。
  • 水ではなくミネラルドリンクを飲もう。
  • 足元がよく見えるように照明機器を用意。
  • ゲームは保護者監視のもと行う。

以上5つが安全に夏祭りを進行させるためのポイントです。

しかし、どれだけポイントを抑えていても、トラブルを100%防ぐことはできません。

やむを得ずトラブルが起こってしまった場合には、症状や怪我の度合いを判断し、ひどい場合にはすぐに救急車を呼びましょう。

まとめ

屋台

今回は子供会の夏祭りの挨拶や準備するもの、夏祭りを安全に進行させるためのポイントをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

 

  • 挨拶では日頃の感謝を伝えよう
  • 準備は1ヶ月以上前から始めよう
  • 予算オーバーにならないよう気をつけよう
  • 雨天時の為に自治体丸ごと貸切をしよう
  • ポスターやチラシで告知をしよう
  • ミネラルと塩分補給を忘れずに
  • 足元がよく見えるよう照明機器を用意しよう

ここまで書いてきましたが、私も実際にイベントの挨拶に困ってしまったことがあります。

しかし、挨拶の例文をそのまま使うことで、緊張がかなりほぐれました。

最後まで読んでくれた方も同じように緊張が少しでも和らぐことを願っております。

上記内容を踏まえて、子供会の夏祭りを最大限に楽しみましょう。

【こちらも読まれています】

盆踊りでダンシング・ヒーロー!?ボンジョビやビューティフル・サンデーも!珍曲7選!
盆踊りと言えば、皆さんはどんな曲を思い浮かべますか?「東京音頭」?それとも「炭坑節」?もっと何かインパクトがあるような、そんな珍しい曲は何かないかな、と思いませんか?そこで、びっくりするような盆踊りの珍曲「ダンシング・ヒーロー」など7選をご紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました