夏休みの自由研究で5年生におすすめの顕微鏡観察5選!上手なまとめ方のコツは?

見つけたプランクトンの名前や特徴を図鑑やインターネットで調べて気付いた事と一緒にまとめてみましょう。

近所の水辺の水を採取してプランクトンの生息の違いを比較して地図上に分布図を作ってみたり、

海に行く機会があれば海のプランクトンを観察してみるのもいいでしょう。

ちなみにプランクトン=小さい生物と思っていませんか。

海に漂うクラゲもプランクトンの仲間です。

1mを超えるようなエチゼンクラゲもプランクトンなんてちょっとびっくりですね。

夏休み、何種類のプランクトンを発見できるか挑戦してみましょう。

5年生とは思えない!自由研究観察日記のまとめ方は?まとめの構成とコツ

勉強する女の子

せっかくここまで観察したのに、どの様にまとめていいのか分からないと手が止まって困っていませんか?

観察が終わったらノートやレポート用紙、模造紙に観察の内容をまとめていきます。

誰が見ても分かりやすくまとめるのは難しいですよね。

まとめ方次第で良くも悪くもなってしまいます。

そんな自由研究のまとめ方に困っているお子さんの為に、まとめ方のコツを見ていきましょう。

  1. 自由研究の題名を決めます。分かりやすく読んでみたくなる題名になる様に工夫してみましょう。
  2. なぜこの観察を選んだのか、調べてみようと思ったのかきっかけを書きましょう。
  3. どのように観察したか準備した物、手順、方法を書きましょう。
  4. 観察の結果、分かった事、反省などを書きましょう。
  5. 観察の感想、考えを書きましょう。
  6. 参考にした本やWEBサイトの紹介をしましょう。

イラストや写真、グラフや表を使うと分かりやすくなり伝わりやすくなります。

イラストもカラーの方が断然見やすいですね。

顕微鏡は学校で借りられる?買う場合はどこで?

顕微鏡

学校の顕微鏡の貸出しは難しいと思います。

借りるほうも壊してしまわないか心配で観察どころではなくなりそうです。

先生に顕微鏡使いたい熱意が伝われば、もしかして先生の厚意で、先生監視の元使わせてくれるかもしれませんが、夏休みにわざわざ学校に来てもらうのも気を使いますよね。

最近では低価格で高性能な顕微鏡も販売されていますので、思い切って買ってしまってもいいと思います。

スマホやタブレットに装着して使用できるタイプや、撮影ができるものまで種類や性能も様々あります。予算や用途に合わせて探しましょう。

インターネットで購入もできますが、実物を見てから決めたい人は家電量販店や本屋に売っているので店員さんに聞いてみるのもいいでしょう。

夏休みの時期になるとデパートや本屋に自由研究の特設コーナー売り場が設けられている所もあります。

自由研究の参考書も売っているので参考にしてみるといいでしょう。

小学生におすすめの顕微鏡

スタンダード顕微鏡セット 750LS 40倍 – 750倍 価格¥5,480

顕微鏡

【日本製のスタンダード顕微鏡】最大倍率750倍のコンパクトな顕微鏡です。

お手頃な価格ながら信頼の日本製。

顕微鏡の仕組みから標本の作り方、自由研究のヒントまで、一冊で顕微鏡が使いこなせる「顕微鏡 観察ガイド」が付いているので、何を観察しようか迷っているお子さんもすぐに観察が始められます。

顕微鏡の使い方

  1. 対物レンズを一番低い倍率に合わせ接眼レンズをのぞきながら、反射鏡を動かして明るくする。
  2. プレパラートをステージに置いてクリップでとめる。
  3. 横から見ながら対物レンズとプレパラートを調節ねじを回して近づける。
  4. 接眼レンズをのぞきながら③と逆方向に調節ねじを回して対物レンズとプレパラートを離していきピントを合わせる。
  5. 見たい物が小さい時には倍率の高い対物レンズに交換して観察する。

 

【生物の観察】顕微鏡の使い方

【生物の観察】顕微鏡の使い方

まとめ

顕微鏡

 

夏休の自由研究で5年生におすすめの顕微鏡観察5選!

  • その1:調味料(液体)
  • その2:調味料(粉)
  • その3:野菜、果物
  • その4:繊維
  • その5:水中の小さな生物

意外と手軽で身近な顕微鏡。

顕微鏡ひとつで色々な物の観察ができ、普段なかなかお目に掛かる事のない小さな世界を見ることが出来ます。

理科が得意じゃないお子さんも楽しめる事間違いなしです。

顕微鏡を覗けば誰でも気分はもう、すっかり研究者ですね。

場所によっては危険な所、入ってはいけない所もあります。

活動する時はケガや事故に合わない様に、注意を守り、安全に十分気を付けて楽しい夏休みを過ごしましょう。

【こちらも読まれています】

自由研究は雲の観察で決まり!小学生学年別のまとめ方!
夏休みで思いつくことと言えば、宿題、その中でも自由研究は頭を悩ませるものです。一番お手軽な自由研究の一つに「雲の観察」があります。雲の観察といっても、単に雲を見て感想を書くだけではあまりに味気ないですね。ずばり「雲の観察」をした後は、まとめ方が重要です。
自由研究は顕微鏡で野菜を観察してみよう!まとめ方と野菜の選び方は?
子供たちにとっては待望の夏休みですが、親御さんにとっては悩ましい期間でもあります。「今年こそは、余裕をもって宿題をさせたい」と意気込むあなたに、おすすめの自由研究テーマとまとめ方をお伝えしましょう。小学生のうちからまとめ方を知っておくと中学でも楽になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました