夏休みの自由研究で5年生におすすめの理科実験5選!1日で終わらせるには?

夏休みには海に遊びに行くこともあるかもしれません。

海水を持ち帰って、塩を取り出す研究をしてみるのはどうでしょう?

時間はかかりますが、必要なものも少なく、ひたすら熱するだけで簡単にできるのでおすすめですよ。

用意するもの

  • 海水(2リットル)
  • なべ
  • コーヒーフィルター
  • 木べら

手順

  1. 海水をコーヒーフィルターでろ過し、ごみを取りのぞく
  2. なべにろ過した海水を入れ、火にかける
  3. 3分の1くらいまで海水が減ったら、再びコーヒーフィルターでろ過する
  4. ほぼほぼ水分がなくなったら、火を止めて再度ろ過する

2リットルの海水からどれくらいの塩ができるのか、また、できた塩と家にある塩と、味や見た目を比較しレポートにまとめるといいですよ。

 

【参考動画】【夏休み自由研究】塩作り 海水から塩を作る実験

【夏休み自由研究】塩作り 海水から塩を作る実験Hinano did an experiment to make salt from seawater.

1日で終わる!5年生におすすめの実験5選!その5:色んな物を水に浮くかどうか調べよう

浮き輪

プールや海に入ったとき、なんで体が浮くんだろう?と思ったことはありませんか。

そんな疑問から、身の回りにあるものが浮くか沈むか、調べてみてはいかがでしょう?

普通の水だけでなく、食塩水やさとう水や油などで調べてみると、おもしろい結果が見られるかもしれませんよ!

用意するもの

  • 水そうやボウルなど透明の容器 4つ
  • 砂糖(500mlの水に対して150gぐらい)
  • 塩(500mlの水に対して100gぐらい)
  • 浮くか調べたいもの(かぼちゃ・じゃがいも・卵・トマト・玉ねぎ・きゅうりなど)

手順

  1. 4つの容器にそれぞれ水を入れる
  2. そのうち1つに塩、もう1つにさとうを加えて混ぜる
  3. それぞれの液体に、浮くか調べたいものを1つずつ入れて浮くかどうか調べる

それぞれの結果を写真や絵で記録し、さらに表でまとめるとわかりやすいですよ。

さとう水や食塩水で浮かなかった野菜なども、塩やさとうを足していくと浮くことがあります。

はかりを使いながらどれくらい足したら浮いたかを、さらに調べてみると新しい発見があるかもしれませんね。

 

【参考にしたサイト】科学の広場 浮力の不思議~夏休みに研究しよう~

 

【参考動画】【実験】「浮かぶ野菜・沈む野菜」【自由研究】

【実験】「浮かぶ野菜・沈む野菜」【自由研究】

5年生とは思えない!自由研究のまとめ方は?まとめの構成とコツ

勉強する子ども

研究が終わったら次は、結果をまとめる作業をしなければいけませんね。

まとめるときのコツは、「だれが見てもわかるように」ということを忘れないことです。

そのために、まず必要な項目は以下の通りです。

  1. タイトル
  2. 調べようと思った理由
  3. 研究に必要なもの
  4. 研究手順
  5. 研究結果
  6. 調べてみた感想・反省
  7. 参考にした本やサイト

そして、この内容をまとめるときの注意点はこちらです。

  • タイトルは大きく書く
  • 特に伝えたい部分は線を引いたり、ペンの色を変えて目立たせる
  • 写真や絵をところどころ取り入れる(文章ばかりでは、読むのに疲れてしまいます!)
  • 研究結果は表やグラフにして見やすくまとめる

模造紙でまとめられるようなら、一番わかりやすくレポートできると思いますが、写真や絵がたくさん必要で模造紙ではまとめられない場合は、レポート用紙やスケッチブックなどにまとめることをおすすめします。

そもそも自由研究はなんのため?出さなくてもいいの?

自由研究というのは、宿題のなかで特にめんどくさい宿題で、自由に研究するものだから、やりたくなければやらなくてもいいのでは?と思うかもしれません。

私も自由研究は、テーマを探すのも大変だし、レポートにまとめるのもめんどくさくて嫌いでした。

しかし、研究したことやその経験、そのときに覚えた感情や努力などは、その後の自分の力になります。

どんなことに自分は興味があるのか知ることができたり、テーマについて調べる方法を学ぶことができたり、研究結果をどうやってまとめたらわかりやすいか、と考えることで表現力がつくなど、今後に間違いなく役に立ちます。

やりたくない気持ちはとてもわかりますが、自分のためになると思って、ぜひくじけずに取り組んでみてください!

まとめ

夕日に向かい万歳

ここで、この記事の内容を振り返ってみましょう。

 

1日で終わる!5年生におすすめの実験5選!

  • ゆで卵を作ろう
  • 紫キャベツで色の変化を調べよう
  • 地域の郷土料理を知ろう
  • 海水から塩を作ろう
  • 色んな物を水に浮くかどうか調べよう

自由研究のまとめ方

  1. タイトル
  2. 調べようと思った理由
  3. 研究に必要なもの
  4. 研究手順
  5. 研究結果
  6. 調べてみた感想・反省
  7. 参考にした本やサイト

まとめるときのコツ

  • タイトルは大きく書く
  • 特に伝えたい部分は線を引いたり、ペンの色を変えて目立たせる
  • 写真や絵をところどころ取り入れる(文章ばかりでは、読むのに疲れてしまいます!)
  • 研究結果は表やグラフにして見やすくまとめる

自由研究は、自分が調べてみたいと思ったテーマを見つけて、楽しく進めることが大切ですよ。

レポートにまとめるのは大変な作業ですが、自分のためになると信じてがんばってくださいね!

【こちらも読まれています】

自由研究は雲の観察で決まり!小学生学年別のまとめ方!
夏休みで思いつくことと言えば、宿題、その中でも自由研究は頭を悩ませるものです。一番お手軽な自由研究の一つに「雲の観察」があります。雲の観察といっても、単に雲を見て感想を書くだけではあまりに味気ないですね。ずばり「雲の観察」をした後は、まとめ方が重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました