夏休みに長期の寺修行がおすすめ!小学生向けのプログラム5選

龍門寺HPより引用

プログラム内容

  • 祈り
  • 坐禅
  • 筆禅道

など

もっと詳しく修行内容を見たい方は公式HPがございますので、そちらでご確認をお願いします。

 

 

住所

〒671-1242

兵庫県姫路市網干区浜田812

 

費用

  • 1日:5,000円
  • 1週間:27,000円
  • 1か月:90,000円

夏休み長期の寺修行ができる小学生向けのプログラム5選! その4:智弘院

仏像

その4は「智弘院」です。

こちらでは他では体験できない修行法があるそうですので、子どもにさせてみたいという方はぜひオススメです!

体験修行の日程は1泊2日から連泊が可能です!

お寺の歴史又概要

昭和30年代に東京都杉並区で設立された比較的新しいお寺で、初代のお寺を開かれた日起上人は長い間御修行に励まれ、多くの方の悩みに答え信仰に導かれた人です。
昭和61年に縁あって当地に移転し、以来、現在の私で五代目の住職となります。

当寺の正式な名称は「向妙山 智弘院」(こうみょうざん ちこういん)と申します。
向妙山とは妙法に向かうこと。
意味は、本当の自分を知ること、自分を取り戻す場所ということです。
智弘院とは妙法を弘めること。
意味は、妙法蓮華経の教えを弘めるお寺ということです。

智弘院HPより引用

プログラム内容

  • 座禅
  • 読経
  • 法話

など

もっと詳しく修行内容を見たい方は公式HPがございますので、そちらでご確認をお願いします。

 

住所

〒299-3211

千葉県大網白里市細草602-5

 

費用

  • 一般:10,000円
  • 学生:8,000円
  • 中学生以下:5,000円

夏休み長期の寺修行ができる小学生向けのプログラム5選! その5:子ども修養道場

仏像

その5は「子ども修養道場」です。

こちらの寺修行は長期というよりも短期なのですが、とりあえず短い間だけでも体験させたいという方にオススメですね。

場所も全国各地で選べるので、地元で一番近い場所を選ぶこともできます。

お寺の歴史又概要

日蓮宗は、久遠実成本師釈迦牟尼仏から、その本懐である法華経を、末法に弘通することを付嘱された、本化上行菩薩の応現日蓮聖人が開創唱導した真実の仏法を開顕する仏教正統の宗団である。

日蓮宗HPより引用

プログラム内容

  • 掃除
  • 読経
  • 写仏
  • 写経

など

もっと詳しく修行内容を見たい方は公式HPがございますので、そちらでご確認をお願いします。

 

寺修行に必要な持ち物は?万一の際はどうする?

持ち物

寺修行で主に必要な持ち物

  • 寝巻
  • 動きやすい服(ジャージ)など
  • 歯ブラシや歯磨き粉
  • タオル
  • シャンプーやボディソープ
  • ドライヤー

などが主に必要となる持ち物ですが、お寺によって変わる場合があるので、公式HPなどのご確認をお願いします。

万一の時は?

何事も絶対ではないので万一がありますよね。

子どもも急に風邪をひいてしまったなんてことも起こりますし、それ以外にもいろいろと起こる可能性はありますよね。

万一の際、例えばこともが風邪やケガを負ってしまった、又家に帰りたいとホームシックになってしまったりしたときの対応をご紹介します。

風邪やケガの場合はすぐに病院につれて行き、子どもの体調を考え、寺修行は断念をしましょう。

子どもがホームシックなど帰りたがっている場合、少し様子を見てこれはよくないなと思った場合はお家に返してあげましょう。

本人が望まない場合無理にやっても意味がないことのほうが多くなります。

対応には十分注意をしていきましょう。

まとめ

修行僧

 

■夏休み長期の寺修行ができる小学生向けのプログラム5選

  1. 天光寺
    • 修行内容:挨拶の作法、お百度参り、滝行、写経など
  2. 景徳寺
    • 修行内容:坐禅、作務、読経など
  3. 龍門寺
    • 修行内容:祈り、坐禅、筆禅道など
    • 費用:
      • 1日:5,000円
      • 1週間:27,000円
      • 1か月:90,000円
  4. 智弘院
    • 修行内容:座禅、読経、法話など
    • 費用
      • 一般:10,000円
      • 学生:8,000円
      • 中学生以下:5,000円
  5. 子ども修養道場
  • 修行内容:掃除、読経、写仏、写経など

 

子どものうちにいろいろと経験をさせておくのがいい、という話はよく聞きますよね。

その経験は何をすればいいのか、と悩んだことがある人は是非、寺修行に子どもを行かせてみてください。

心と体が成長した、子どもの姿を見ることができますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました