熱中症対策の食べ物の差し入れオススメ10選!部活をしている子供向け!

それは経口補水液にも含まれる食塩・クエン酸ナトリウム・塩化カリウムといった成分が梅干しにも含まれているからです。

しかし、差し入れに梅干し単体を渡すのはすっぱすぎる上に種もあるので、部活中には食べづらいでしょう。

こちらの商品は種もなく、甘酸っぱいので食べやすいです。

また梅干しにはクエン酸がたくさん含まれているので、疲労回復効果もあり、まさに部活を頑張るお子さんへの差し入れにはうってつけでしょう!

熱中症対策の食べ物の差し入れオススメ10選! その7

匠の塩飴 定価 324円

匠の塩飴

塩分と糖分が手軽に補給できる塩飴です。

また疲労回復に効果的なクエン酸もたくさん配合されているので運動部のお子さんにはうってつけです。

スイカ味のほかにマスカット味もあります。

とっても美味しいです。

熱中症対策の食べ物の差し入れオススメ10選! その8

塩のはちみつレモン 参考価格 140円

塩のはちみつレモン

ナトリウムを100mlあたり43mg含まれているので、熱中症対策としてもばっちりな上に美味しい!

ビタミンも含まれているのが嬉しいです。

熱中症対策の食べ物の差し入れオススメ10選! その9

塩キウイ 参考価格 100円前後

キウイ

塩キウイとはキウイに塩をかけただけのものですが、ジューシーなキウイには、適度な糖、カリウム、マグネシウム、カルシウムがバランスよく含まれているので、そこに塩(ナトリウム)をくわえるだけで、食べる点滴になるんです。

 

食べる点滴とはすごい!

キウイは果物の中では安価なので買いやすいのもいいですね。

熱中症対策の食べ物の差し入れオススメ10選! その10

スイカ 参考価格 3,800円

スイカ

スイカは豊富な水分とともに、糖分やカリウム・カルシウムなどのミネラル・ビタミンなどが含まれています。

スイカ自体にはナトリウムは含まれていませんが、塩をかけて食べればナトリウムの補給もでき、甘さも増し一石二鳥なわけです!

熱中症の怖さとは?熱中症になってしまったらどうする?

熱中症は初期はめまいやたちくらみ程度なので、部活中だとそれぐらいとガマンしてしまった結果、重症化してしまう、、、なんてことがあります。

重症化してしまうと、意識障害やけいれん、手足の運動障害などが起こり入院が必要となってしまうのです。

部活中の熱中症で死亡した例などもあります。

そんなことにならないためには、より早く熱中症の症状に気づき、早めに対処することが大切です。

初期症状としては、

  • めまい
  • たちくらみ
  • 手足のしびれ
  • 気分の不快感

があげられます。

もしこれらの症状がでてきたら、顧問の先生に伝え保健室等の涼しい部屋で休ませてもらいましょう。

その時には必ず水分補給しましょう。

できれば、上記でも書いたような経口補水液かスポーツドリンクが望ましいです。

ですが、症状が進んでしまうと

  • 意識がはっきりしない
  • 自分で水分や塩分が接種できない
  • なんらかの対処をしても症状がよくならない

といった風になってしまうので、その場合は速やかに医療機関へと連れていきましょう。

熱中症対策のポイントまとめ!

熱中症予防

  1. 熱中症対策には水分だけじゃなく塩分(ナトリウム)も!
  2. 熱中症の初期症状(めまい・たちくらみ・気分の不快感)に気づいたらすぐに涼しい部屋で休むこと!
  3. 症状がでた後に一番有効なのは経口補水液(OS-1)

熱中症対策には水分と塩分(ナトリウム)の補給が何より大切です。

症状がまだ出ていない段階での予防という観点では上記で紹介したものはどれもオススメです。

症状が出てしまったあとに一番有効なものは経口補水液である

OS-1ですが、コンビニやスーパーでは販売していないです。

いざという時に焦らなくてすむよう普段からストックして置くといいでしょう。

どうか少しでも、熱中症でつらい思いをする方が減りますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました