ノコギリクワガタ採集!千葉県ポイント5選!トラップの作り方・仕掛け方ガイド

直接塗る場合、発酵したバナナトラップは、においが臭く手がベタベタになるため、100円ショップで売っているビニール製の使い捨て手袋があると便利でしょう。

バナナトラップの作り方(制作時間:約10分)

材料

  • バナナ
  • 砂糖
  • 焼酎(余り物)
  • ジップロック

手順

  1. バナナをぶつ切りにする。(皮も使う)
  2. 焼酎、砂糖、(ドライイーストあれば)をバナナに混ぜる。
  3. シップロックに入れて密封し、ベランダなど日当たりの良い場所で放置する。

材料費

約150円

作り方のコツ

ドライイーストがあれば、混ぜると尚良いです。

パンパンに発酵しバナナもドロドロになると良い状態です。

バナナトラップにはカルピスとお酒・焼酎、何が正解?

お皿の上のバナナ

バナナトラップに使用する材料でカルピスやお酒、焼酎が使われます。

その中でバナナトラップに使用する材料について、一番よく使われるのは焼酎です。

お酒やカルピスでもできるようですが、焼酎が一番安価で手に入れやすく、においが強いためオススメです。

コンビニで売っているワンカップ焼酎でできます。

バナナトラップのポイントは、発酵とにおいなので、カルピスやお酒でもできます。

どれでも効果があるようなので、家にあるものや買いやすいものを使ってバナナトラップを作れば大丈夫です。

バナナトラップを仕掛けるタイミングは?

木の根元

バナナトラップを仕掛けるタイミングについては、夕方明るいうちがオススメです。

暗くなるとどこに仕掛けたのかわからなくなります。

明るいうちに仕掛けましょう。

仕掛ける場所については、ノコギリクワガタが好きな木がオススメです。

それ以外の木でも良いようですが、ノコギリクワガタはクヌギやコナラなどの木を好むため、見つけられたらそれらの木に仕掛けてください。

表面がボコボコしている木です。

仕掛ける時期について、クワガタはカブトムシより早い時期に活動を開始します。

コクワガタは6月初旬頃、ノコギリクワガタは6月中旬頃から見つかる確率が高まります。

カブトムシは7月中旬から多くなり、その頃には採集者も増えだすため、それまでの時期で先手を打ったほうが見つけやすいです。

コクワガタとノコギリクワガタは、日中でも活動していることがあります。

樹液にいればよいですが、樹液にいない場合や見つからない場合は木の根元付近を探しましょう。

土を盛らなくても、大きな根の影や落ち葉の下で見つかることがあります。

仕掛ける際の注意点として、クワガタ採集に行く場所は、たいていヘビやハチがいます。

他の虫もいますので、装備をちゃんとする、虫よけをするなど注意が必要です。

仕掛けるトラップでストッキングなどを使用した場合、忘れず必ず回収してくださいね。

仕掛けたトラップをそのまま放置することは止めましょう。

バナナトラップ以外にも試してみたいトラップは?

【実績抜群】ノムラホイホイの作り方―カブトムシ、クワガタ、ゲンゴロウなどがいっぱい取れるみたいですよ。

【実績抜群】ノムラホイホイの作り方―カブトムシ、クワガタ、ゲンゴロウなどがいっぱい取れるみたいですよ。

バナナトラップ以外にも、簡単にできるトラップがあります。

こちらで3つ紹介します。

ノムラホイホイ

ノムラホイホイとは、別名カブクワホイホイと呼ばれる、カブトムシやクワガタとたくさん採集できるトラップです。

ノムラホイホイの作り方(所要時間:約20分)

材料
  • ペットボトル(1.5または2ℓ)
  • はさみ(カッター)
  • キリ(穴をあけられるものなら代用可)
  • 針金
  • スプレー缶(緑・茶色)
手順
  1. ペットボトルを加工し、えさを様々に変え、多くの種類の昆虫を採集します。

詳しい作り方については以下を確認ください。

ノムラホイホイの作り方 URL

樹液トラップ

クワガタは蜜が発酵して強いアルコールのにおいがするものが好きです。

そのため、樹液のようなものを自作します。

作り方は砂糖をアルコールで煮込んでドロドロな状態にするだけです。

それを木の幹に塗っておき、クワガタが集まってくるのを待つだけです。

昼のうちに準備しており、夜に確認します。

メストラップ

この方法はメスをトラップにしてオスをおびき寄せる方法です。

そのため、まずは自力でメスのクワガタを採集します。

そのメスの後ろ足の根元あたりに糸のようなもので枝などにしまりつけます。

早朝に仕掛けお昼頃に見に行って確認します。

ノコギリクワガタ採集に必要な道具と服装!

田んぼ

ここでは、ノコギリクワガタ採集に必要な道具と服装を紹介します。

1.服装と持ち物

  • 長袖長ズボン:けがを防止するため、できるだけ肌を露出させない方が安心です。
  • 軍手:こちらも同じ理由であった方がよいです。
  • 帽子:こちらも日差し除けや熱中症対策、頭を守るため必需品です。
  • 靴:サンダルなどではなく、スニーカーや登山靴などしっかりとした靴が良いです。
  • 虫よけスプレー:蚊やアブ対策のためにあった方が良いでしょう。
  • かばん:小さめのリュックやウエストポーチなど、手をふさがないタイプが良いです。
  • その他:飲み物や雨具、バンドエイドなど必要に応じて用意しましょう。

2.道具

  • 懐中電灯:灯火採集のため、昼間でも必要です。明るいものが良いです。ヘッドライトおもあったらさらに効率アップです。

 

  • 虫かご:ノコギリクワガタが採集できたら、持って帰るための虫かごは必要です。

 

  • 虫捕り網:絶対ではありませんが、あったら良いかもしれません。

 

まとめ

小さな男の子

 

1.ノコギリクワガタ採集!千葉県ポイント5選!

  • 清和県民の森のキャンプ場
  • 千葉県アンデルセン公園
  • 草深の森
  • 船橋県民の森
  • 印旛村

2.トラップ

  • バナナトラップがオススメ
  • 焼酎で安価に簡単にできる。
  • 直接塗るのが、回収もなく楽。
  • トラップは明るいうちに仕掛ける

3.まとめ

  • ノコギリクワガタは6月中旬頃から活発になるため、カブトムシなどより少し早めです。
  • 木の根元や落ち葉の下、暗くなってきたら光に集まる場所を確認しましょう。
  • 装備をちゃんとし、虫よけなどをし、注意しましょう。

身近な道具で効果があるトラップを楽しく作って、クワガタも捕まえられたら、楽しさも2倍ですね。

採集にはマナーが大事です。

自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょうね。

お子さんとクワガタ採集楽しんでくださいね。

案外身近なもので簡単にできるノコギリクワガタ採集。

ぜひ試してみてくださいね!

【こちらも読まれています】

クワガタがいる木は栗の木・桜の木・柳の木だけ?樹液を出す木なら採れる?
クワガタがいる木は栗の木・桜の木・柳の木だけ?樹液を出す木なら採れる?を調べました。 夏の虫の代表であるクワガタ。大きな顎で他の虫をガッチリ挟み込み放り投げる姿に、カブトムシ以上に魅了される方は多いのではないでしょうか。 夏休みに家族でクワガタを探しに行こう!というご家族のために、クワガタが好む木と、採集方法についてご紹介いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました