大洗で磯遊びができる穴場の場所は?時期や干潮・満潮の時間は?持物は?

磯には多くの貝や海藻が付いているのが特徴の一つです。

磯で見られる代表的な生き物を紹介します。

安全な生き物

ヤドカリ

やどかり

日本各地に生息しています。

タイドプールで簡単に見つけることができます。

ハゼ

ハゼ

北海道南西部以南から九州にかけて生息しています。

タイドプールによくいますが、岩と色が似ているため、しっかり見ないと見つけられません。

エビ

エビ

北海道以南の日本各地に生息しています。

小さなエビは、タイドプールで見つけることができますが、体が透明なため、網ですくうと捕まえやすいです。

危険・注意が必要な生き物

カメノテ

カメノテ

全国の岩場に生息しています。

亀の手に似ていることから、カメノテと名付けられました。

触っても大丈夫ですが、固くとがっているため、手を切らないように注意してください。

ウニ

ウニ

日本各地の浅瀬に生息しています。

岩の隙間やタイドプールで見つけることができます。

触っても大丈夫ですが、トゲが鋭いので怪我をしないようにしてください。

オコゼ

オコゼ

日本各地に生息しています。

タイドプールで見かけることがありますが、絶対に触らないようにしてください。

背びれのトゲに毒があり、刺されると強い痛みを感じます。

もし、刺されてしまった場合は、傷口をきれいに洗い、トゲが残っている場合は除去し、すぐに病院に行くようにしてください。

この他にも、時期や時間によってさまざまな生き物が発見できます。

安心して楽しむためにも、危険な生き物は把握し、近寄らないように注意しましょう。

磯遊びに行くなら用意したい持物とは?

リュック

持ち物

  • 食べ物
  • 飲み物
  • 着替え
  • タオル
  • 水陸両用靴(マリンシューズ)
  • ライフジャケット
  • ビニール袋
  • 救急セット(絆創膏など)

着替えとタオル、ビニール袋は忘れないようにしてください。

海は楽しい分、危険もいっぱいです。

ライフジャケットは持っておきましょう。

また、注意していても怪我をしてしまうこともあります。

万が一に備えて救急セットも用意しておきましょう。

あると便利な持ち物

  • バケツ
  • スコップ
  • 箱メガネ
  • 釣具

釣具は、子供用の小さいサイズが売ってありますのでそれを持っておくと、タイドプール(自然の海水プール)内にいる魚を釣って楽しめるので、小さな子供も安心して釣りを楽しむことができます。

磯遊びは何も遊び道具を持っていかなくても楽しめますが、網やバケツ、箱メガネ、釣具などがあると遊び方も増えるのでより楽しむことができます。

 

参考動画:いそであそぼう!~便利な水中メガネを作ろう~

いそであそぼう!〜便利な水中メガネを作ろう〜

磯遊びの注意点!生き物はもちかえる?熱中症対策は?

考える人

走らず、足元をしっかり確認しながら移動する

磯は海水によって滑りやすく、岩も多いのでゆっくり歩きましょう。

裸足やサンダル(他クロックス)は危険なので、必ず水陸両用靴を履くようにしてください。

磯には貝など石にくっついていて、手をついたり、足が当たっただけでも擦り傷ができる場所でもあります。

子供がいる場合は、目を離さず、移動する場合は転ばないよう注意してください。

分からない生き物にはむやみに触らない

さまざまな生き物が海にはいます。

危険な毒をもった生き物もたくさんいます。

危険な生き物を事前に調べておき、分からない、知らない生き物には絶対に触らないようにしてください。

見た目は普通の魚でも毒があったり、ウニのようにとがって危ない生き物もいます。

特に、子供と行く場合は、子供にしっかりと伝え、子供から目を離さないように注意してください。

捕まえた生き物は持って帰ってもいいの?

磯遊びで捕まえた生き物には、持って帰ってはいけない生き物もいます。

地域や時期にもよりますが、漁業権に関わります。

持って変える際は必ず調べて確認しましょう。

また、海で捕まえた生き物を飼育するのは、とても大変です。

もし、飼育するのであれば、責任を持ってお世話をしましょう。

熱中症に気をつけて、こまめに水分補給

磯遊びに夢中になってしまうと、どうしても水分を取ることや食べることを忘れてしまいます。

磯遊び中に、熱中症や日射病になることも多いにあります。

帽子を着用し、できるだけ肌が露出しない服装(水着)で紫外線や暑さから身を守りましょう。

体調も考え、軽い食べ物や飲み物は持ち歩き、こまめに補充しましょう。

まとめ

大洗で磯遊びができる穴場スポットは分かりましたか?

  • 大洗公園
  • 平太郎浜海水浴場前

子供連れでも行きやすく、無料の駐車場もあるので、ぜひ足を運んでみてください。

夏の海水浴開設期間は、混雑が予想されますので、その期間を避けたほうが無難です。

もし、子供の夏休みに行く場合は、人が比較的少ない朝一に行くのをおすすめします。

満潮時だとタイドプールがなくなってしまうので、事前に潮見表で干潮を確認し、干潮の1~2時間前に行くようにしましょう。

網や釣り竿、箱めがねなど遊び道具を持っていくと、より磯遊びを楽しむことができます。

危険な生き物もいますので、知らない生き物をむやみに触ったりしないようにしてください。

注意事項をしっかり確認し、安全に楽しく磯遊びができるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました