大竹海岸の潮干狩りは無料!?2021年最新情報!貝の採り方情報付き

浜辺にある栗に似ていることからハマグリという名の由来といわれています。

ハマグリはアサリよりも水質の変化に敏感で、乱獲と埋め立てによる干潟の減少によって採れる量は年々減少しています。

大竹海岸での潮干狩りは中国産です。

調理はアサリとほぼ同じようです。

ただハマグリは「その手は桑名の焼きハマグリ」といわれるように焼きハマグリもおいしいです。

炭火に網を乗せ、そのうえでハマグリを焼き、口が開いたら醤油を垂らして食べるのも有名です。

ハマグリ

上の画像はハマグリです。

3.マテ貝

マテ貝はアサリやハマグリのような二枚貝と異なり、細長い形をしています。

マテ貝は東北以南の波の穏やかな砂浜にいます。

鞘に収めた馬手差に近い形状からこの名がついたといわれています。

砂抜きは容易です。

新鮮ならそのまま生で刺身として食べられますが、生臭さが気になる方は一度火を通すのがお勧めです。

調理して食べる場合はバター焼きや塩ゆで、煮つけなどがお勧めです。

マテ貝

画像はマテ貝です。

潮干狩りで上手な貝の採り方・探し方は?

大竹海岸でのトラクターによるハマグリの放流の様子と、熊手を使ってのハマグリの採り方が動画で説明されているので参考にしてください。

 

茨城放送 スクーピーレポート「大竹海岸で潮干狩り」

茨城放送 スクーピーレポート「大竹海岸で潮干狩り」

上の動画は大竹海岸での潮干狩りの様子です。

トラクターでハマグリを放流する様子や熊手の使ってのハマグリの採り方がわかります。

トラクターが通った後を熊手でトラクターと平行に掘ればよいことがわかります。

大竹海岸での潮干狩りはトラクターでハマグリを放流する関係でハマグリをたくさん採る方法も独特です。

参加者はスタートラインで待機します。

トラクターでハマグリを放流し終えるとスタートの合図がアナウンスされます。

それに従って参加者は一斉に放流されたハマグリを目指して走り出すわけです。

ここで大事なのは速く走って放流されたハマグリに如何に速くたどり着くかということです。

裸足か、地下足袋がいいでしょう。

サンダルはお勧めできません。

また、ハマグリの放流は均等ではなく、ところどころでまとめて放流する場合もあるようです。

ですから待機する場所も問題になってきます。

裸足の場合は怪我をしないように注意してください。

また、本気で大量ゲットを目指すならば小さなお子様がいる場合は、そのお子様の面倒を見る方がもう一人欲しいところです。

大竹海岸の潮干狩りの注意点!駐車場やトイレ、売店はあるの?

トイレ

駐車場は2500台の無料駐車場があります。

注意する点は有料の潮干狩りに参加しない方は有料の駐車場に誘導されないようにしてください。

トイレもありますが、混んでいるとトイレットペーパーがなくなりますのでティッシュペーパーを持参した方がよさそうです。

食堂、休憩所もあります。

 

山田売店さんの場所は上記です。

大竹海岸の有料の潮干狩りは山田売店さんの前で行われます。

アクセスは

  • 常磐自動車道 鉾田ICから15分
  • 常磐自動車道 千代田石岡ICから40分
  • 北関東自動車道 水戸大洗ICから20分
  • 東関東自動車道 潮来ICから30分

潮干狩りに行くなら持っていくものはコレ!

1.熊手

砂浜を掘るのに使用します。

使用する熊手にはいろいろ制限がありますのでルールを守りましょう。

爪の幅20センチ未満、柄の長さ50センチ未満、網のついているものは禁止です。

レンタルはありません。

山田売店さんで販売していますが、売り切れの場合もありますので持参する方がよいでしょう。

ほかにサンダルとかバケツも売っています。

藤原産業5本爪クマデ【藤原産業園芸熊手クマデ】 価格 877円(税込)

2.採った貝の入れ物

籠、ネット、バケツなどです。

できれば水がぬけるものがお勧めです。

潮干狩り用ネットDX ( ME-1380 / AP116617 ) 価格 424円(税込)

3.貝を持ち帰る時用の容器、保冷剤、氷

クーラーボックス発泡スチロールの箱に保冷剤または氷を入れて貝を持ち帰ります。

自宅までの距離を考えて必要分か少し多めがよいです。

4.その他

帽子

潮干狩りの季節は結構紫外線が強いので帽子はあった方がいいですね。

飲み物

熱中症対策として水分補給はこまめに取りましょう。

ビニール袋

汚れもの、着替えなどに使用します。

トイレットペーパーかティッシュ

前にも書きましたが、トイレに備えられているトイレットペーパーがなくなる場合を想定して持って行った方がいいです。

大竹海岸の山田売店にはシャワーがありますので不要ですが、混んで いる場合はあった方がよいかもしれません。

砂がついた手や足を洗います。

タオル

濡れる場合に備えてあった方がいいです。

絆創膏

万一の怪我に備えて。

潮干狩りのNG行動3つ!

大竹海岸は今まで説明してきたようにハマグリが放流された後、合図で一斉に走り出すわけですが、この時に肩とか体がぶつかる場合があります。
その際、一々反応しないで小競り合いをしないように注意しましょう。
混んでる場合はお互い様ですので気分よく潮干狩りをしましょう。
トイレとか、シャワーとか皆が使用する設備は次に使う人のことを考えて清潔に使用しましょう。
自分だけよければっていう考えは改めましょう。
潮干狩りの場所によってそこのルールがあります。
例えば熊手ですが、幅が広くて、網がついているものを使用すれば一度にたくさん採れますが、こういうことをしては駄目です。
できるだけたくさんの人が、定められたルールの中で公平に潮干狩りを行い、楽しんでいただければと思います。

まとめ

 

  1. 大竹海岸の潮干狩りは独特で、有料です。もちろん無料でも楽しめです。
    • 潮干狩りのシーズン、ハイシーズン
    • 有料、無料?
    • 有料の場合の参加料金
    • ハマグリの放流時間
  2. 混雑状態と夏休み、駐車場情報。
  3. 潮干狩りで採れる貝と調理方法
    • アサリ
    • ハマグリ
    • マテ貝
  4. 潮干狩りで上手な貝の採り方・探し方は
    • 大竹海岸独特の上手な貝の採り方
  5. 大竹海岸の潮干狩りの注意点!駐車場やトイレ、売店情報
    • 売店の位置とアクセス
  6. 潮干狩りで持っていくもの
  7. 潮干狩りでやってはいけないこと3つ

大竹海岸における潮干狩りについて紹介しました。

どこの潮干狩りの場所でもルールがあります。

そのルールの中で貝をたくさん採って潮干狩りを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました