吹奏楽部のサックスあるある5選!上手い人の特徴は?向いている性格は?

流れとしては、

  • 基礎のロングトーン、曲のアンサンブルをサックスパートで行う
  • アンサンブルを他のパートと行う

まずはサックスパートでの練習で正しいハーモニーの練習を行いましょう。

そこで、心地よいアンサンブルが出来たら完成されたと同じ!

ハーモニーディレクターなども使うといいですね。

そのあとは他パートとのアンサンブル練習へ。

同じメロディではなくても、他の楽器と合わせることで、裏方に回るのか引っ張っていくのか、バランスを見ることができます。

時間があれば基礎練習から行うと、より周りを聴く練習になって良いですね!

私も他パート(特に金管楽器)と行う練習で、音色が合わずに苦労したことを覚えています…

でもそれを行えば演奏は出来上がったも同然!絶対に取り入れてくださいね。

サックス奏者あるある5選!

その1.目立つのが好き

メロディラインも多いから、自分を見て!と思うタイプが多いけど、その分引っ張っていくリーダータイプのしっかりものが多い気がします!

その2.モテる女子が多い!

私の中学生時代も、サックスの女の子が一番人気だったことを覚えています!

音の通り華やかで、明るい子が多かったからかも?

その3.ストラップ外し忘れて帰宅

首にかけて楽器を支えるストラップ、家に付いて、あっ!ってこと、あるあるですね(笑)

その4.譜面が基本真っ黒

早い音階などがメインであるので、常に楽譜は音符だらけ。

目で追うのが大変!

その5.スワブが抜けない恐怖

つばが溜まるのを防ぐための布(スワブ)を通すけど、曲中に抜けなくなる時もしばしば。

あれは本当に焦ります…

魅力と役割、目立つおすすめ楽曲3選

吹奏楽やジャズでは中心的存在のサックスは、柔らかい音色ながら木管楽器の中でも大きな音が出るので、力強くとっても目立つ存在です。

甘いメロディラインはとっても魅力的。

一番注目してほしいポイントです!

サックスの魅力がたっぷり詰まったおすすめ3曲!

SING,SING,SING/Benny Goodman

いわずと知れたジャズの名曲!冒頭メロディはサックスから始まります!

千葉県立国府台高等学校吹奏楽部/シング・シング・シング

宝島/真島俊夫

サックスといえばこれ!といっても過言ではない、長いサックスソロが楽しい1曲。

宝島 【吹奏楽】 高音質

青春の輝き

サックスの甘い響きが曲に合っていて、涙が出るような、聴いていてうっとりするおすすめの1曲。

青春の輝き:柏市立柏高校吹奏楽部2010

まとめ

楽譜とサックス

 

  • サックスが上手い人の特徴は「自分の音をよく聴けて、自己主張と合わせるバランスの取れる人」
  • サックス奏者に向いている性格は「リーダー気質で目立つのが嫌いじゃない人」
  • おすすめ練習方法は「ロングトーンから行う、サックスパート練習⇒他パートとアンサンブル練習」

吹奏楽ではジャズをアレンジしたものも多いので、吹いていて楽しい曲が多いです。

練習を楽しみながら、柔らかくて甘い音色を奏でられるように頑張っていきましょう♪

【こちらも読まれています】

吹奏楽部のトランペットあるある5選!上手い人の特徴は?向いている性格は?
映画「天空の城ラピュタ」で、主人公が屋根の上でトランペットを吹いているシーン見たことありますか?あれ、結構難しいメロディなんですよ。トランペットは、吹奏楽の中でも花形楽器です。もっとキレイな音を出したい!そんな風に思っている方もいるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました