トマトの観察日記の絵の描き方は?小学生らしいまとめ方ガイド!

室温湿度計

(長期不在時)10Lバケツ

ホースを通す穴に固定できる。

ゴムホース

バケツおきに使える収納台

フタをして女性が座っても大丈夫。

タオル

不織布(梅雨ざむ対策)

防虫ネット

トマトが夏休み中に枯れてしまったらどうする?そのまま書く?

耳をふさぐ男性

宿題の観察中、運悪く植物が枯れてしまうこともあるでしょう。

中には、「もう失敗だ」と思い込んで観察をやめる、もしくは捨ててしまう方もいるかもしれませんね。

でも待ってください。

失敗に見えることでも、やり方次第ではいくらでもリカバリーがききますよ。

花が咲かない、枯れたということであれば、本や図鑑そしてネットで調べましょう。

また、病気の対策もしたのに病気になったなら、観察記録から原因を突き止めましょう。

ご家庭で話し合うのもいいですね。

最後まであきらめずに形にするというのは、なかなか精神的にもこたえる作業です。

でも、投げやりにならないという習慣をつけると、将来にも役立ちます。

たとえ挫折しても、「こうすればいいかも」とひらめくことにつながりますよ。

枯れないようにする工夫は?

とはいえ、せっかく育てたお花が枯れてしまうのは悲しいですよね。

枯れる原因を知っていれば、いざという時に調べて対処できるので、気負いすぎないでやってみましょう。

代表的な原因としては、次の3つです。

害虫

実がつく前はアブラムシ、アザミウマ、ハダニに注意し、実がついた後はカメムシやタバコガに注意します。

実に穴が開くことがあれば、タバコガ。

カメムシは針で液を吸うので、ぱっと見ではわかりません。

常日ごろから葉の裏、付け根をチェックしてください。

病気

モザイク病に注意。

特にアブラムシやアザミウマが口を介してウイルスを運ぶので、防虫ネットを使うのも手です。

また、モザイク病の植物を切ったハサミからも移ります。

薬剤がきかないので、感染した株は処分せざるを得ません。

アブラムシは即退治

水が少ないとトマトの尻が黒くなることがありますが、その実は捨ててカルシウム剤スプレーを葉の裏全体に散布しましょう。

植物は根だけでなく、葉や茎、果実表面から養分を吸収できますので、効果は十分です。

人が手をかけたぶん、植物はこたえてくれますよ。

旅行時にはどうする?

枯らさないコツはだいたいつかめたと思います。

でも待ってください。

夏休みを利用して旅行やキャンプに行くあなた、トマトのお世話はどうしますか。

実親や義理の親、隣人に預けてお世話を頼むのはちょっと…と思いますよね。

1週間ぐらいの旅行中でしたら、自動で水やりができる装置があるんです。

あまりお金もかからないので、身の回りにあるものでそろえてみてください。

材料は次のとおりです。

  • 古いボロボロのタオル。切って使うので、愛着あるものは避ける。
  • 10Lほど水を入れられる容器、バケツ。
  • ゴムホース(先に紹介したバケツは高さが約40センチ。バケツに入れる分と、垂らす分を合わせて1メートルあれば足りる)
  • バケツを載せられる「トランクカーゴ」。

置台としてレンガや板を使う方もいます。

園芸が趣味なら、レンガがご自宅にあるかもしれません。

でも、庭がないと置き場所に困りますし、子どもがいたずらしてケガしたら大変ですよね。

この商品でしたら、丈夫な収納ボックスとして使えて邪魔になりません。

平面の寸法は縦35センチ、横33センチでバケツを十分載せられます。

30Lタイプで乗り切らないほど大きいバケツを使う場合は、50Lタイプを購入すると安定しておけるので安心です。

手順は古いタオルを細長く切ってヒモにしたあと、それぞれを結んで1メートル40センチくらいの長さにします。

ゴムホースの中に通して、ホースの両端からタオルのヒモが20センチぐらい出ているようにします。

バケツに水を入れ、取っ手部分に開いた丸い穴からホースを通します。

抜け落ちるのが心配な場合は、ガムテープなどで一巻きしましょう。

収納ボックスを鉢植えの近くに置いて、バケツを載せます。(近くに濡れて困るものは置かないようにしましょう)ホースのもう一方を植木鉢の土部分においてやれば、サイフォンの原理で水が伝わっていきます。

とても簡単な装置ですが、長期旅行前に作って、使い心地を早めに試すとよいですよ。

トマトの観察日記をまとめよう!

メモとペン

まとめの書き方、構成は、次のとおりです。

  1. 研究テーマ(具体的に書く)。
  2. クラス、クラス番号、お子さんのお名前。
  3. 観察を始めた日付(年号含む)。植えた日付も書いておく。
  4. 研究をするきっかけ。
  5. 予想も含めて、調べることを書く。
  6. 準備するものを書く。
  7. 実験の手順を書く。参考にした本、ウェブサイト、アドバイスをくれた人の名前を書く。
  8. 写真や絵、記号を使ってわかりやすく結果をまとめる。
  9. 研究の結果から得た感想を書く。

書き方は?どのような紙にまとめる?

模造紙にまとめる場合は、薄手の紙に直接書き込んでもいいですが、タイトルや研究のきっかけ、研究の手順と書き進めるうちに、文字が小さくなりがちですよね。

全体のバランスをとって模造紙にまとめるのは、大人でもなかなか難しいところです。

そんなときは「カードに書いてペタペタ貼ろう」といって、模造紙の上に項目ごとに合わせて切った紙を用意して書かせましょう。

真っすぐかけるよう、薄くえんぴつで線を引いてもいいですね。

どの位置にどれくらいの文字数でまとめるか、見当をつけると楽になりますよ。

カード状に切った紙に書いて、紙の上に置き、貼って大丈夫か確認します。

紙の裏面に両面テープをつけ、少し厚手の模造紙に貼ります。

模造紙の場合、修正テープを使うと見た目が悪くなりがちですが、カード形式なら書き直せばいいのがメリットです。

最後に

トマト

  1. 美術ではないので、全体のバランスが取れないと悩まなくてよい。
    明らかに変化したところに注目して、描きうつすか写真を撮る。
    トマトを描くときは、頭の中のイメージで描かない。
    色も思いこみで塗らないこと。
    写真を撮るときは肘をしっかり固定して、ブレを抑える。コンビニプリントサービスがあるので、家庭にプリンターがなくてもあきらめないこと。
  2. ミニトマトは意外と育てるのが難しい。
    うまくいかない場合、何が原因なのかよく考える。
    失敗に思えても、もち直すことがある。
    最後まであきらめない。
  3. 気温に注意して育てる。
    水切れしたときとそうでないときの状態をよく見ておく。
    支柱につるを結ぶときは、きつく結ばない。
    折れる原因になる。
    水はやればいいものではない。
    持ち上げて「完全に乾いている」とわかったら、たっぷり与える。水やりが一番難しい。
  4. それなりの大きさになること、根を張らせるためにプランターを使う。
    湿度室温計を見ながら注意して管理。専用の土は高いが、最初から肥料が入っているので初心者向け。
  5. 運悪く植物が枯れてしまっても失敗ではない。
    原因を突き止めてまとめるのも立派な研究。
    長期不在のときは、自動水やり機を作っておくとよい。
    害虫対策は虫のチェックを細かくすることが大切。虫について言及しても面白い。
  6. 模造紙にまとめるときは、それぞれの項目をカード状にした紙に書いて貼るとバランスよく仕上がる。
    多少不格好になっても、本人の思うようにやってもらうことが大切。
    模造紙は多めに購入しておく。

夏休みの宿題は、計画性がすべて。

夏休み前から取り組んでみましょう。

親御さんも夏休みは大変だと思いますが、自由研究でお子さんが困っていたら、何を使い、どうやって調べるか一緒に悩んであげてください。

意外と穴場なのが、最寄りの図書館です。

受付の司書さんに、

「自由研究でこういうテーマを研究しているが、○○の原因がわからない」

というと、資料をだしてくれます。

また、ご家族で園芸が趣味の方がいれば、アドバイスをもらうのもいいですね。

ぜひお子さんに自力で調べる基礎体力をつけてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました