牛込海岸の潮干狩りは無料!?2022年最新情報!貝の採り方情報付き

バカ貝は東南アジアから東アジア南部の浅い海に分布しています。

  • いつも貝の口をあけてオレンジ色をした舌を出している「馬鹿」な者のように見えたとする説
  • バカのように一杯取れたという説

その他、バカ貝と名付けられたのには諸説あります。

バカ貝の砂抜きはアサリほど簡単ではありません。

海水の中に入れておけば勝手に砂をはきだしてくれるわけではありません。

詳細な記事を紹介します。

 

寿司ネタとしてアオヤギがありますが、青柳は生物の名前ではなく、食品加工したもの(バカ貝を加工して寿司ネタとしたもの)をいいます。

潮干狩りで上手な貝の採り方・探し方は?

砂浜の貝

砂浜の表面にある小さな穴を探します。

この穴のことをアサリの目といいます。

この穴は貝の入水管と排水管を出す穴です。

この穴の下を掘ればアサリが見つかる可能性は高いので熊手で掘ってみましょう。

アサリが住んでいる深さは5センチから10センチくらいまでです。

この深さを目安に広く掘ります。

アサリは集団でいることが多いので1個見つかればその周辺を掘ればたくさん見つかります。

また、海中が濁っていてアサリの目をみつけるのが難しい場合はとりあえず熊手で掘ってみましょう。

熊手にガリッと感触があったら手で探します。

ハマグリも同様にさがします。

以下の動画はアサリを採るために探すアサリの目の参考例です。

この動画ではザルを使用していましたがこのような方法は多分認められていないと考えられますのでやめましょう。

自然観察の達人 (6)潮干狩りに行こう!砂もぐりの名人・アサリ

牛込海岸の潮干狩りの注意点!駐車場やトイレ、売店はあるの?

無料駐車場は約1000台分あり、第1駐車場から第8駐車場まであります。

詳しい場所については、以下のリンクをご確認ください。

 

休憩所や足洗い場などもあります。

貸し熊手もあります。1丁50円です。

牛込海岸までのアクセス

車の場合

  • 川崎方面よりアクアライン利用の場合、アクアライン連絡道 木更津金田ICより5分
  • 館山自動車道 姉崎袖ヶ浦ICより20分

電車の場合

  • JR内房線 袖ヶ浦駅 北口改札口より車で8分

地図

潮干狩り場までの案内図(google mapより)

潮干狩りに行くなら持っていくものはコレ!

熊手

砂浜を掘るのに使用します。

使用する熊手にはいろいろ制限がありますのでルールを守りましょう。

爪の幅20センチ未満、柄の長さ50センチ未満です。

レンタル品はあります。

1丁50円です。

数に限りがありますので持参する方がよいでしょう。

 

採った貝の入れ物

籠、ネット、バケツなどです。

網は1㎏用と2㎏用が販売されています。

しっかりした網かバケツがあると便利です。

というのは一杯採れますので一旦バケツに入れておいて、後で大きいものだけ選別して、詰め替えた方がよいからです。

 

貝を持ち帰る時用の容器、保冷剤、氷

クーラーボックスか発泡スチロールの箱に保冷剤または氷を入れて貝を持ち帰ります。

自宅までの距離を考えて必要分か少し多めがよいです。

帽子

潮干狩りの季節は結構紫外線が強いので帽子はあった方がいいですね。

飲み物

熱中症対策として水分補給はこまめに取りましょう。

ビニール袋

汚れもの、着替えなどに使用します。

トイレットペーパーかティッシュ

トイレに備えられているトイレットペーパーがなくなる場合を想定して持って行った方がいいです。

砂がついた手や足を洗う足洗い場がありますので不要です。

タオル

濡れる場合に備えてあった方がいいです。

絆創膏

万一の怪我に備えて。

長靴、またはマリンシューズ

割れた貝や毒を持った生き物がいますので長靴がベストです。

サンダルですと足首のあたりまでしか保護できません。

 ペットボトル

自宅で砂抜きをするために濾過された砂抜き用海水が準備されていますので、それを持ち帰るために使用します。

潮干狩りのNG行動3つ!

no

漁業権

日本全国ほとんどの海で漁業権が設定されています。

牛込海岸の潮干狩りは料金を払うことで貝についてのみ採ることを漁業協同から許可をもらっているわけです。

貝以外のものは採らないようにしましょう。

潮干狩りのルール

潮干狩りの場所によってそこのルールがあります。

例えば熊手ですが、幅が広くて、網がついているものを使用すれば一度にたくさん採れますが、こういうことをしては駄目です。

できるだけたくさんの人が、定められたルールの中で公平に潮干狩りを行い、楽しんでいただければと思います。

小さな貝は持ち帰らない

小さな貝は持ち帰らず海に返しましょう。

どうせたくさん採れますから、大人だと2㎏まで料金内に含まれていますが、それ以上だと超過料金を支払わなくてはなりません。

大きい貝を持って帰っておいしくいただきましょう。

まとめ

海岸の貝

 

  • 牛込海岸の潮干狩りの期間、料金について紹介しました。潮干狩りのできる日にち、時間は決まっています、また途中の混雑状態も考えて計画的に潮干狩りに出発しましょう。
  • 潮干狩りで採れる貝と調理方法について紹介しました。
  • 混雑状態と夏休み、駐車場情報。
  • 潮干狩りで上手な貝の採り方・探し方について
  • 牛込海岸の潮干狩りの注意点!駐車場やトイレ、アクセス
  • 潮干狩りで持っていくもの
  • 潮干狩りでやってはいけないこと3つ

牛込海岸における潮干狩りについて紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

どこの潮干狩りの場所でもルールがあります。

そのルールの中で安全に気を付けて貝をたくさん採って潮干狩りを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました