ヨーヨー釣り5つのポイント!こよりがすぐとれないようにするには?

ヨーヨーで遊んだときにバシャバシャと水の音が心地いですよね。

しかし、水が多いとヨーヨーが重くなり釣りにくくなります。

水の量はヨーヨーの沈み具合で確認します。

沈んでいる部分が多いほど重いヨーヨーとなりますので、しっかり選んで釣りましょう。

お祭り☆ヨーヨーを取ったよ☆ダブル取りは当たり前♪みんなでヨーヨータイム☆

参考:「お祭り☆ヨーヨーを取ったよ☆ダブル取りは当たり前♪みんなでヨーヨータイム☆」

ヨーヨー釣りの動画です。

ヨーヨー釣りの練習を自宅でしよう!こよりの作り方は?

ヨーヨー釣り

ヨーヨー釣りのコツを覚えたところで、実際にやってみたいと思った方も多いのではないでしょうか。

夏までにヨーヨー釣りの練習をして、たくさん釣ってみたいですよね。

ヨーヨー釣りの練習をしたい方は、自宅で自作して練習することができます。

 

材料

  • 水風船
  • 空気入れ
  • 輪ゴム
  • ペーパータオル(ティッシュペーパーか和紙でも可能)
  • クリップ

ペーパータオルを3cm×15cmに切ります。

そのペーパータオルを3つ折りにして長いひも状にします。

クリップを開いてwのような形にします。

ひも状にしたペーパータオルを半分に折り輪っかをクリップにかけます。

クリップをひっかけたところから一番上までねじります。

店で使っているこよりは、ティッシュペーパーを使っていることが多いようです。

本番に近い形で練習したい方はティッシュペーパーをおすすめします。

こより(水風船)の作り方

参考:「こより(水風船)の作り方」

こよりの作り方の動画です。

参考にしてくださいね。

まとめ

ヨーヨーすくいは簡単に見えますが、たくさんつるためにはコツが必要です。

夏祭りでは、子供の好きな色をとってあげたいですよね。

ヨーヨー釣りのポイントをつかめばたくさんヨーヨーを釣りことが可能です。

 

ヨーヨー釣りの5つのポイント

  1. こよりをぬらさない
  2. こよりをねじって強くする
  3. こよりを短く持つ
  4. 風船とゴムの接続部を狙う
  5. 水の少ないヨーヨーを狙う

自宅でこよりの作成もできますのでぜひ、練習をして夏祭りにたくさんヨーヨーを釣りましょう。

※こちらも読まれています
金魚すくいの金魚の種類は?黒い・白い・出目金の名前は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました