夕涼みスポットのおすすめ5選!隅田川での楽しみ方は?

地上153mにある展望台は360度東京の景色を楽しむことができます。

東京タワー、スカイツリー、東京湾、お台場が一望でき、夏の間は特別に21時半まで営業しています。

東京の夜景を楽しみながらのロマンティックな夕涼みができちゃいます。

夕涼みスポットおすすめ5選!その4:江戸東京たてもの園 下町夕涼み

江戸東京たてもの園 下町夕涼み

東京都小金井市にある「江戸東京たてもの園」で毎年行われている下町夕涼みイベントです。

イベント開催中は20時まで営業しており、いつもとは違うたてもの園を味わうことができます。

昭和の懐かしい館内で射的や輪投げなどの昔懐かしい縁日遊びから子どもお神輿、盆踊りなど楽しめます。

浴衣で来場すると2割り引きになる制度もあります。

ぜひ浴衣を着て親子で行ってみてください。

またイベント開催中はかなりの混雑が予想されます。

並ばずに入場したい方におすすめなのが、事前に「下町夕涼み限定前売り券」という前売り券を購入する方法です。

並ばず入場できるのはもちろん、通常の入場料よりも2割引なのでかなりおすすめです。

前売り券の販売場所はこちら

  • 江戸東京たてもの園ビジターセンター受付
  • 小金井市観光まちおこし協会事務局

前売り券についての詳しい情報は江戸東京たてもの園のホームページをチェックしてください。

 

夕涼みスポットおすすめ5選!その5:東京ミッドタウン

東京ミッドタウン

東京ミッドタウンでも夕涼みのイベントが開催されています。

2019年には「MIDTOWN LOVES SUMMER2019」が開催され、夏の涼をテーマに様々なイベントを行っていました。

芝生公園にある庭園では涼しい霧が立ち込めており縁側に座って涼をとれるようになっています。

夜には花火や砂紋をイメージした光が庭園を彩ります。

昔ながらの日本の風物詩と現代のデジタルアートの見事な融合に圧倒されること間違いなし。

ロマンチックな気分で夕涼みを楽しめておすすめです。

また冷たい小川に足を付けて涼をとるスポットや、木陰で涼を取りながらオリジナルカクテルやフードを楽しめるラウンジなど、東京ミッドタウンならではのおしゃれに涼を楽しめるスポットが盛りだくさん。

またヒートアイランド現象に打ち勝つために毎年行われている「六本木打ち水作戦」もおすすめです。

お子さんから大人までたくさんの方が毎年参加されるイベントで、その名の通り打ち水をして涼をとります。

ペットボトルを持参して参加すれば東京ミッドタウンの地下貯水に入れてもらえます。

トレンドの最先端をいくこの東京ミッドタウンで昔ながらの方法で涼をとる貴重な機会ですのでぜひご家族で参加してみてください。

まとめ

 

夕涼みとは

夕涼みとは暑さの和らいだ夕暮れ時に家の外で楽しみながら涼むこと。

夕涼みスポットおすすめ5選!

  • 隅田川
  • 豊洲市場 屋上緑化公園
  • 世界貿易センタービルディングの屋上
  • 東京江戸たてもの園 下町夕涼み
  • 東京ミッドタウン

いかがでしたでしょうか?

日差しの強い時間に出かけると外を歩くだけで疲れてしまいますよね。

私も子どもたちを連れて出かけると帰宅した時には汗だくで動けなくなるほど疲労困憊によくなります。

小さい子もいるのであまりに暑いと熱中症も心配です。

そんな時は無理に昼間にお出かけせずに夕方からお出かけしちゃいます。

日中は涼しい部屋でできることをして夕方から外に出る、それだけで疲労感もかなり違います。

熱中症の心配もそこまでしなくて良いので我が家ではよくやる方法です。

そのまま外食しちゃえば夕飯作らなくてもいいので主婦としては助かっちゃいます(笑)

さらにちょっと足を伸ばして夕涼みスポットへ行けば楽しく涼しくなれるので一石二鳥です。

今回ご紹介した夕涼みスポットにもぜひ訪れてみてください。

せっかくの夏、賢く遊んでたくさん思い出を作りましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました