ザリガニに色付けを餌で行うことは可能?青色のザリガニにするには?自由研究テーマにおすすめ!

写真などを貼るともっと良いですね!

親はどこまで手伝うべき?

母と娘

子どもの自由研究って親がどこまで手を貸したらいいのか悩みますよね。

子どもが主体的に行うことに意味があるので、手を貸しすぎると意味がありません。

では、親はどこまで手伝えば良いのでしょうか?

まず自由研究には数学のような決まった正解はありません。

ですので、答えを教えるのはやめましょう。

その結果にたどり着くまでの過程が大切です。

あくまでも子どもが主体ですので、サポートに徹するのが良いでしょう。

実験のやり方や調べる方法のアドバイス程度で良いですね。

声かけですが、気軽に「調子どう?」くらいでいいかもしれません。

短期間で終わる自由研究なら余裕を持って進めることができますが、長期間のものだと夏休み終盤になって慌てることがないように普段からの声かけが大切ですね。

山や海、川などは子供だけでは危ないです。

実験なども一緒に行うほうが安全です。

言われたことしかしない人間はいつまでも成長しません。

夏休みの自由研究を利用して、自ら課題を決めて取り組む力を伸ばしましょう。

自由研究を最後までやり遂げることで自信も付きますね。

我が家の自由研究!

手作り石鹸

私が小学生の頃に作成した自由研究を紹介したいと思います。

小学5年生の夏休みに取り組んだ自由研究は『手作りせっけん』です。

じつはその1年前、小学4年生の自由研究で友達が手作りせっけんをテーマにしていたんです。

友達が作った石鹸は綺麗でかわいくて、私もやってみたいと思ったのがきっかけです。

材料や分量を変えたりしていくつかのせっけんを作り、実際に使用してどうなのかを詳しく書いたり、手作り体験ができる施設へ行った感想も書きました。

せっけんは乾燥させるのに2~3日かかりますが、調合するのは1~2日で出来ます。

自由研究のまとめを書く時間も含めると1週間程度で仕上がりました。

親に協力してもらったのは材料を買ってもらったことです。

私が楽しそうに作っているのを見て、後日手作り体験ができる施設へ連れて行ってくれました。

そうして私の手作りせっけんの自由研究が完成しました。

まとめ

ザリガニの色付けの仕組みや自由研究について調べていきましたが、要点をおさらいしていきましょう。

 

1.ザリガニを青くするには?
ザリガニに色付けを行うには、動物性のアジやイワシを餌にすると良いです。しかし、通常のザリガニが青色や白色になるのは栄養バランスが崩れて栄養失調になっている状態ですから定期的に植物性の餌を与えましょう。

2.赤、青以外にザリガニは何色になる?
品種改良で様々な色のザリガニが生まれました。品種改良されたザリガニでも食べる餌や環境によって色が変化するものもいるので気を付けましょう。

3.自由研究におすすめの理由
ザリガニは簡単に捕まえられるので手軽に始めることができます。色付けをテーマに自由研究を行うなら『観察日記』がおすすめです。

4.ザリガニはどこにいる?
ザリガニは日本全国に生息していますが、用水路やため池にいることが多いです。

5.自由研究のまとめかた
観察する項目を決めて書くと観察しやすくなります。

6.自由研究に親はどこまで手伝う?
子どもが主体的に取り組むためにサポートはアドバイス程度がいいです。声掛けはこまめにしましょう!

自由研究にザリガニを使うことで、命を預かっていますから、命の大切さや責任感が強くなります。

最後までやり遂げることで、達成感も感じられますし自信へも繋がります。

楽しむことも忘れずに大切に育てていきましょう。

【こちらも読まれています】

メダカの自由研究は高学年におすすめ!研究のやり方・まとめ方とは?
夏休みの自由研究は、親も子どもも悩ましいものですよね。高学年らしい、難しい課題に取り組んだ方がいいのかと考えるかもしれません。しかし、まとめるのが難しい課題を選んで、間に合わないのは本末転倒です。でも大丈夫。少し工夫することで、高学年らしい研究になりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました