人権作文は「戦争と平和」をテーマに決定!考えたいポイント5つとまとめ方!

作文用紙

夏休みの宿題って必ずっていうほど作文がでますよね。

私も学生のころは嫌で仕方がなかったです(笑)

そしてその作文のテーマが”人権”について書かせる学校が多いようですね。

でも、「人権作文ってどう書けばいいの?」「人権作文って何について書けばいいの?」

って思う人は結構いますよね。

そこで今回は人権作文の書き方のコツや、人権の中でも’’戦争と平和’’について書くときに抑えておきたいポイントなどを詳しくまとめてみました。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

なぜ夏休みの宿題で人権作文があるの?狙いは?

ひまわり

どうして夏休みの宿題で人権作文が出されるのでしょうか。

理由は2つあります。

一つは作文を通して’’人権’’についてみなさんにあらためて考えてもらうためです。

身近な問題でもありますが、あまり深くは考えたことがない人が多いとおもいます。

なのでその問題に対して掘り下げて理解を深めてもらおうっていう狙いなんですね。

もう一つは全国中学生人権作文コンテストというものがあるからです。

このコンテストは法務省が主催で応募期限も秋頃なので夏休みの宿題として出すことでタイミング良く応募ができるんですね。

もし、入賞することができればこれからの自分のアピールポイントにもなると思うのでぜひ応募してみてください。

人権作文の書き方のコツは?

男性

”人権”という言葉はみなさん聞いたことあるとおもいますが、もしかしたらあまり深く考えたことはないかもしれません。

一口に人権といってもいろいろな種類があります。

いじめだったり戦争だったり性に関することだったりと様々です。

人権を作文として取り上げる場合、そのいろいろある人権の種類の中でひとつに絞って書くことが望ましいです。

テーマを”人権’’全体で書いてしまうと内容が浅くなり、まとまりのない文章になってしまうかもしれません。

そして人権作文の書き方ですが、3つの段落にわけて書くことをおすすめします。

一段落目 問題提起

人権の中でもテーマを一つに絞り、それに対してどのような問題があるかを簡単に説明しましょう。

二段落目 具体例

一段落目に書いた問題に対して具体的なエピソードなどを書いていきます。

自分が実際に体験したエピソードがあれば文章に深みが増してとても良い作文になるとおもいます。

もし、エピソードがなければニュースなどで取り上げれていることに対して書くのも良いですね。

三段落目 まとめ

最後はまとめとして、具体例を通して自分が思ったことやどうすればその問題が解決するのかなどを書きます。

単に、「〜だと思いました。」ではなく、自分なりの考えを具体的に書くことができれば全体の文章が一気に締まります。

ここまで書き方について説明してきましたが、他にも参考になる書籍やサイトがあります。

あたりまえですが、パクリはダメですよ

 

書籍「子どもがかたる人権の詩」

この本は全国中学生人権作文コンテストの入賞作品が載っています。

文章の流れやどのようなことを取り上げているのかなど参考にしてみるのも良いと思います。

 

人権作文の書き方を紹介する動画

【人権作文の書き方とネタ探し】中学生は優秀作品の特徴をパクるのがコツ【元中学校教師道山ケイ】

この動画は人権作文の優秀作品の特徴をいろいろ取り上げているのですごく参考になります。

戦争と平和をテーマにする場合に考えたいポイント5選 その1:歴史

原爆ドーム

戦争については学校の授業でも習うとおもいますが、中学生のみなさんはすこし想像しづらいかもしれません。

日本でも70年ほど前までは戦争がおこなわれていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました