PR

吹奏楽部のサックスあるある5選!上手い人の特徴は?向いている性格は?

サックス

サックスと聞くと、どんなイメージがあるでしょうか?難しそう?かっこいい?

そんなイメージの方が多いのではないかなと思います。

私は最近ドラマに多く出ている、俳優の武田真治さんやタレント・魚類学者のさかなクンが、CMで吹いているのを見て、サックスって持っているだけで画になる…!と思いました!

そう思った方いませんか?(笑)

【さかなクンが格好いい!スカパラに期間限定加入】

吹奏楽でも1、2を争うほど人気のサックス。

その魅力が知りたい!初心者でも出来るの?もっと上手くなる練習方法を教えてほしい!

今回はそんな風に思っている方は必見の、サックスに詳しくなれる5つのお話をご紹介いたします。

  1. サックスが上手い人の特徴は?
  2. サックス奏者に向いている性格ってあるの?
  3. 吹奏楽コンクールに向けてのおすすめ練習方法
  4. サックス奏者あるある5選!
  5. 魅力と役割、目立つおすすめ楽曲3選

サックスをより好きになって、楽しく上手になれるお話を用意しています!

ぜひ楽しみながら上達していきましょう♪

サックスが上手い人の特徴は?

サックス奏者

サックスの音色は、柔らかさも力強さもある音色が豊かなもの。

サックスが上手い人はどういう人なのでしょうか?

  • 自分の音をよく聴きながら吹く人
  • 「自己主張」と「人に合わせる」両方のバランスが取れる人

大勢いる吹奏楽の中で演奏していると、自分は今どういう音を出しているのかということを忘れてしまいがち。

上手い人は、個人練習でしっかり自分の理想とする音を出す練習を行っています。

また、とにかく周りをよく聴いて観察しているので、自分が今どの立場なのかバランスをとることが上手だと思います。

自己主張モードの歌えるサックス奏者、このかっこよさは他に真似できませんね!

サックス奏者に向いている性格ってあるの?

華やかでかっこいいイメージのサックス奏者ですが、どういう性格の人が向いていると思いますか?私が思う向いている性格は、

  • 目立つのが嫌いじゃない
  • みんなを引っ張るリーダータイプ

裏方に徹するより、メロディラインを歌い上げてみんなを引っ張るリーダータイプの方が比較的向いているかもしれません。

内気な性格よりも、注目されて嬉しい人はサックスに合っているかも?

ちょっとサックスに挑戦してみたいな?と思った方へ、サックスは初心者にもおすすめの楽器といえます。

その理由は、

  • 比較的音が出やすい
  • 小・中学校で習ったリコーダーに指使いが似ている

大きな音を出すために必要な肺活量も少なくてすむし、初心者でもしっかり鳴らすことができるため、最初からイヤにならず、とっても始めやすいですよ♪

吹奏楽コンクールに向けてのおすすめ練習方法

たくさんの楽器

目指すは金賞を獲りたい「夏の吹奏楽コンクール」

どんなに難しい曲でも、基本的な考え方は「少人数のアンサンブルをする」という意識が大切になります。

流れとしては、

  • 基礎のロングトーン、曲のアンサンブルをサックスパートで行う
  • アンサンブルを他のパートと行う

まずはサックスパートでの練習で正しいハーモニーの練習を行いましょう。

そこで、心地よいアンサンブルが出来たら完成されたと同じ!

ハーモニーディレクターなども使うといいですね。

そのあとは他パートとのアンサンブル練習へ。

同じメロディではなくても、他の楽器と合わせることで、裏方に回るのか引っ張っていくのか、バランスを見ることができます。

時間があれば基礎練習から行うと、より周りを聴く練習になって良いですね!

私も他パート(特に金管楽器)と行う練習で、音色が合わずに苦労したことを覚えています…

でもそれを行えば演奏は出来上がったも同然!絶対に取り入れてくださいね。

サックス奏者あるある5選!

その1.目立つのが好き

メロディラインも多いから、自分を見て!と思うタイプが多いけど、その分引っ張っていくリーダータイプのしっかりものが多い気がします!

その2.モテる女子が多い!

私の中学生時代も、サックスの女の子が一番人気だったことを覚えています!

音の通り華やかで、明るい子が多かったからかも?

その3.ストラップ外し忘れて帰宅

首にかけて楽器を支えるストラップ、家に付いて、あっ!ってこと、あるあるですね(笑)

その4.譜面が基本真っ黒

早い音階などがメインであるので、常に楽譜は音符だらけ。

目で追うのが大変!

その5.スワブが抜けない恐怖

つばが溜まるのを防ぐための布(スワブ)を通すけど、曲中に抜けなくなる時もしばしば。

あれは本当に焦ります…

魅力と役割、目立つおすすめ楽曲3選

吹奏楽やジャズでは中心的存在のサックスは、柔らかい音色ながら木管楽器の中でも大きな音が出るので、力強くとっても目立つ存在です。

甘いメロディラインはとっても魅力的。

一番注目してほしいポイントです!

サックスの魅力がたっぷり詰まったおすすめ3曲!

SING,SING,SING/Benny Goodman

いわずと知れたジャズの名曲!冒頭メロディはサックスから始まります!

宝島/真島俊夫

サックスといえばこれ!といっても過言ではない、長いサックスソロが楽しい1曲。

青春の輝き

サックスの甘い響きが曲に合っていて、涙が出るような、聴いていてうっとりするおすすめの1曲。

まとめ

楽譜とサックス

 

  • サックスが上手い人の特徴は「自分の音をよく聴けて、自己主張と合わせるバランスの取れる人」
  • サックス奏者に向いている性格は「リーダー気質で目立つのが嫌いじゃない人」
  • おすすめ練習方法は「ロングトーンから行う、サックスパート練習⇒他パートとアンサンブル練習」

吹奏楽ではジャズをアレンジしたものも多いので、吹いていて楽しい曲が多いです。

練習を楽しみながら、柔らかくて甘い音色を奏でられるように頑張っていきましょう♪

【こちらも読まれています】

吹奏楽部のトランペットあるある5選!上手い人の特徴は?向いている性格は?
映画「天空の城ラピュタ」で、主人公が屋根の上でトランペットを吹いているシーン見たことありますか?あれ、結構難しいメロディなんですよ。トランペットは、吹奏楽の中でも花形楽器です。もっとキレイな音を出したい!そんな風に思っている方もいるのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました